今治自然塾

カテゴリー

第63回森育 こまどり幼稚園

第63回 森育
こまどり幼稚園 年中さん
2014年2月14日(金)雪
 
雪が積もったら外に出かけたい!
と考えていましたが積もらず。 そして吹雪・・・。
 
今日は室内での体験に変更です。
 
部屋に入ると、たくさんの自然物!
木の枝に笹の葉、ドングリ、赤い実、綿などなど。
それからノコギリやキリ、ナタなどのグッズも!
 
自然物を使ってオリジナル作品を作ります!
「例えばこんなものが作れますよ~」
「ノコギリはこうやって使いますよ~」
とお話していたら
 
「 はやくやりたい! 」
 
早速、子どもたちの作品づくりスタートです。
好きなものを、好きなものにのせています。
紙の画用紙を使う人もいれば、木の画用紙を使う人も。
 
木の画用紙は厚さも大きさも様々です。
 
 
自分で木を切るところから始める人もいます。
ノコギリを使って切り、ナタを使って割ります。
 
 
作品づくりに熱中する人もいれば、
なにやらうずくまっている人も。
 
「 なんかおるー! 」
「 へんなむしー! 」
「 ふかふか~!」
葉っぱの裏についてる卵や小さな虫を発見した様子。
虫めがねを使って、熱心に観察していました!
 
 
自然と接していると“発見”はつきものですからね!
 
 
作品が徐々にできあがってきます。
 
「 みてみて~! 」
と見せてくれたのは、楽器でした。
火の用心の棒よりも太くて温かい音が出ていました。
  
 
最後に作品をみんなで見合います。
 
「 〇〇ちゃんの!」
「 うわー!かわいい! 」
 
組み合わせたものが作品になっていたり、
切った枝そのものが作品になっていたり。
 
素敵な作品ができました!
 
 
 
自然物は一つとして同じものはありません。
葉っぱ一枚とっても色、形、大きさ・・・様々です。
 
子どもたちはその特徴を活かして
作品を作っています。
 
丸いものは目に。
長い葉はウサギの耳に。
赤い実は丸いほっぺたに。
 
作品作りを通して、色んな形の自然があることに
気が付いてくれていたらなーと思います。
 
そして次回、森に出かけたとき、
「あ!これ〇〇みたい!」「〇〇につかえる!」
と子どもたちの中で想像が膨らむことを
期待したりもしちゃっています!
kei
TOP