今治自然塾

カテゴリー

第51回森育 いずみ幼稚園

第51回 森育
2013年11月21日(木)くもり
いずみ幼稚園 年中さん
 
赤や黄色の紅葉し始めた木々が
子どもたちをお出迎え!
 
秋の森へ出発です!
 
年長さんと同じく、焼き芋をするので、
薪を集めながら森へ入ります。
 
長い枝は、ヒザを使って調節!
 
たんと集めた薪を暖炉にくべ、
自由遊びの時間に入ります。
 
川遊び、虫探し、木のぼり、崖のぼり、虫探し・・・
 
みんなが思い思いに遊びます。
 
 
前回チャレンジした崖のぼり。
子どもたちはしっかりとした足取りで登っていきます。
 
途中、四つん這いになる人も。
 
すると・・・
「 どんぐりや! 」
「 はっぱ! 」
 
素敵な発見が続きます。
 
 
崖の上では、ツル遊びが繰り広げられています。
 
リース作りやブランコも。
 
 一方、暖炉の周りでは 
「 おてつだいするー 」 
という人たちが集まっています。
 
ノコギリやナタ、トンカチで薪を割ったり、
森の中から薪を集めてきたり
割った薪を火の中に入れたり。
 
細長い竹筒を使って空気を送り込む人もいました!
 
「 あっつ! 」
「 かお やける! 」
と、顔を真っ赤にしながら頑張ってくれました。
 
そんなみんなの頑張りがあって、
火もいい具合に。お芋を入れます。
 
バナナ、アヒル・・・
色んな形のお芋さんたちが火の中へ。
美味しいお昼ご飯を食べている間に
お芋も焼きあがります。
 
「 あまい! 」
「 おいしい! 」
「 おとなのあじがする !」
(恐らくコゲ)
 
ホクホクお芋をデザートにいただきました。
 
食後は一休み・・・する間もなく、再び森の奥へ!
 
目の前の大きな崖にも果敢に挑戦する子どもたち。
 
上級者コースで、苦戦する人もいましたが、
あの手この手で一生懸命登っていました。
 
森の中をぐるっとまわって戻ってきたところで、
暖炉の火を消して森を出発!
 
森育を終えました。
 
 
崖登りの時、いつも手伝いたくなる衝動にかられます。
 
でも、今日の子どもたちの姿をみて、
やっぱり、見守りたいなと思えました。
 
何度滑り落ちても、前に進めなくても、
自分の力で進めるときは必ずきます。
 
子どもの力を信じ、見守る姿勢を大事にする。
そんな森育でありたいと思っています。
 
kei
TOP