今治自然塾

カテゴリー

第358回森育 いせきさま

第358回森育
いせきさま と おともだちのみなさま
2016年9月11日(日)


「がけのぼり!?やってみたい」と
目をキラキラ輝かせたひとは最初に崖を見上げて
「あんなたかいところまでのぼるん?」と驚いていました。
でも登りはじめてみればスイスイと登っていくのです。

頂上に着くと「うわ~たかい!」
さてここから探検の始まりです♪
「トトロが出てきそうな森やね!」「いろんなむしのこえがきこえる」
「なんか落ちとる!」
大きくて艶のあるどんぐりを発見して「秋やね~」としみじみ^^

自分の気に入った木の枝を見つけ、
これでなにかあそびができるかなとわくわくしながら考え、
まわりにある木の葉っぱを見て色んな形の葉っぱがあることを発見し、
「もりのなかっていろんなはっけんがあってたのしい!」
そう感じてもらえてとても嬉しいです^^
なにげなく通り過ぎると気付かないものも、冒険のアンテナをはってみると
色んなことに気付いて面白い発見もたくさんありますね^^

初めての木登りに挑戦した男の子は、
どこに手や足をかけたらいいかわからず
困りながら、他のひとが登っていくのをみていました。
どうやって登ってるかよく見てごらんと声をかけるとしばらく観察して
「ちょっとまねしてみる!」と言いながら自分で登ってみます。
でも自分の身体を持ち上げるのが思ったより難しかったみたいです。

すると先に木に登っていたひとが「ここにあしかけてこのえだにつかまったらできるよ」
アドバイスをもらった男の子はお母さんが“手伝おうか?”と声をかけても
「じぶんでいってみたい!」
実際にやってみると…「できた!ここまでこれたよ!こうちょっとうえまでいけそう!」
と今度は自分で考えながらのぼっていきます。

ついに高いところまで登れた男の子は
「のぼれたよーー!」ととても嬉しそうでした。
本人はもちろん、アドバイスしたひとも、
見守っていた私たちも、お母さんもとても嬉しくなりました。
勇気を持って自分の力でやり遂げたということが
その男の子にとっても自信になったのではないかと思います。

初めてきた森の中では、
「おもしろいものを見つけた!」という発見。
「自分ってこんなこともできるんだ!」という発見。
「うちの子ってこんなに一生懸命頑張れるんだ」というお母さんの発見。
いろんな発見があったようです。

2回目の森、3回目の森ではきっと今日の発見がきっかけとなって、
気づきや学びがもっと深いものになっていくと思います。
また、違う季節の森でみなさまとお会いできるのを
楽しみにしています♪

mai & shiro

TOP