今治自然塾

カテゴリー

第330回森育 みたらいさま

2016年6月11日(土)
第330回森育
みたらいさまとお友達のみなさま
「はやくもりいこや!」
森育に何度も来てくれているひとたちで今日も朝からわくわくしています♪
レッツゴー!!お父さんお母さんもみんな元気に森へ出発!
森に着くまでもいろんなものを発見をしながら進みます^^
森ではいろんな生き物との出会いがあります。
今の季節たくさんいたのは・・・さわれるケムシ、クスサン!
「ふわふわ!」「メロンクリームソーダみたいないろや」
さわったことないひとたちも初めての出会いにわくわくです^^
“前回の森育では火をつけられなかったので”
と火起こしに再挑戦するお父さんたち。
前回つかみかけたコツを思い出しながら、
やっと今日火をつけることが出来ました!
“やっっと出来た~~~!”
その喜びはとても大きいものです^^
崖登りが大好きな男の子は今日も崖登りに挑戦!
登るにつれて上達し、「こんなんみつけた!」
不思議な穴や今まで見えていなかった植物の発見も増えていきます♪
それが楽しくて何度も何度も登りながらもっともっといろんなものを
見ようと視野が広がっていくのです。
「たかいところまでいきたい!」
と木登りに挑戦したひとは木のてっぺんまで登って「ここすずしい!」
高いところは風が気持ち良いということを感じたようです。
お母さんたちも木のてっぺんまで登りました^^
“景色が全然違う!気持ち良い~”
静かにハンモックで目を閉じていたひとがいました。
心地良い風に吹かれながら「ホーホケキョってきこえる」
鳥たちの鳴き声を聞きながら「きもちいい」「ずっとここにおりたい」
ハンモックに揺られながらいつの間にか眠りについたようです^^
“木を切ってみたい”と集まったお母さんたちは
竹を切って箸作りに挑戦していました^^
自然の中にある素材を使って、
世界に一つだけの素敵なお箸が出来上がりました!
 「クスサンがはっぱにはさまっとる!」
よく見てみると、クスサンが葉っぱに身体を包んでサナギになる
準備をしているのでした。
「すごい」「こんなになるんやね!」
季節がどんどん変わる中で、生き物たちの姿が変わっていく様子もみられます。
「どんなになるんやろか」
次に森に遊びに来た時はクスサンはどんな姿に変身しているでしょうか^^

「たからものみつけたよ!」
そのひとの手の中には今の季節ならではの”たからもの”が♪
匂ってみると「モモみたいなにおいがする」
とても良い香りのビワとウメの実です^^

“来るたびにちがいを感じますね”とお母さんたち。
季節によって、出会える生き物や見られる植物がちがうこと。
姿を変える生き物もいて、その様子がみられること。
新たな発見があり、いろんな学びがあります。
大人も子どもも、自然の中で実際に自分で見て触って匂って感じた
今日の森育でした。
Mai
TOP