今治自然塾

カテゴリー

第311回森育 そがべさま

第311回森育
2016年5月14日(土)
そがべさま と お友だちのみなさま
 
今日も暑いくらいの晴れ!
そんな中元気に森へ出発しました。
 
このはななんなん?
かわのみずさわってええ?
たんぽぽ!
ハートのいしさがそ!
へんなあわがいっぱいある!
 
森に向かう途中だけでも、興味をひくものをたくさん発見!
到着すると遊びの時間の始まりです。
がけのぼりいこや!
何度も来たことがあるひとはやりたい遊びが決まっている様子。
きょうはむしさがす!」と草むらに駆けだすひとも!
テントウムシやバッタ、ダンゴムシなどいろんな生き物と出会います。
そんななか…
 
このケムシさわってええん?
無毒のケムシだったので近くにいたひとたちと一緒に触ってみました。、
こそばい…
チクチクせんよ!
おかあさんもさわってみて!
 
 
ケムシはそのイメージだけで嫌われがちな生き物ですが、
先入観だけで決めつけず、関わろうとしてみると新たな発見があるものです。
「意外とやわらかいんですね。こんなケムシもおるんや~」と、
お子さんと一緒に触れ合っているお母さんもいました。
 
出会ったカエルをみんなで観察すると…
まえにみたのよりちゃいろい
くちがとがっとる!
めのところがきんいろ!」といろんな発見が♪
 
不思議なものを見つけて、
よく観察したり、他のものと比べたり、触れ合ったり…。
さらには何かに気づいたり。
森の中にはこうした「学び」のきっかけがたくさんあるような気がしています。
 
shiro
 
TOP