今治自然塾

カテゴリー

第293回森育 しももとさま

第293回森育
2016年3月26日(土)
しももとさま と お友だちのみなさま
森に入るとたくさんの菜の花が出迎えてくれました。
時たま冷たい風が吹きますが、春らしくなってきた森の中です。
 
今日ははじめて森育に参加してくださった方がたくさん♪
到着すると、最初はノコギリと色水遊びにたくさんひとが集まっていましたが、
少しずつ自分がやりたいことを見つけて遊びが広がっていったようです。
崖のぼりでは、最年少記録更新を目指して頑張っているご家族もいらっしゃいました。
大人にとってはなんてことないデコボコも1歳の身体では大変な試練です。
「頑張れ!」
「いける!」
周りにいたお父さんお母さんの応援が飛び交います。
「ぼくものぼりたい!」てっぺんを見上げる目はそう言っているようでした。
でも、バランスをとりながら、全身を使って登って行くのは難しい。
しばらく頑張っていましたが、堪えきれず涙がこぼれ始めました。
今日は達成できませんでしたが、きっと「やりたいのに、できない!」と感じたその気持ちが、
成長するための大きな力になるはずです。
 
崖のぼりから下りたところで、森に咲いている色とりどりのお花を森から少しもらって、
花束を作っているひともいました。
「あおいおはながあった!」
「ぴんくのおはなはどこにあるかな?」
「おはなだけじゃなくてかわいいはっぱもさがそ!」
「このはっぱはふわふわよ」
「できたらママにあげよ」
女の子たちはそんなお話をしながら、菜の花やホトケノザ、シロツメクサを集めて花束を作っていました。
 
「春の花束だね」
完成した花束をみたお母さんはそんな風に言っていました。
お昼ご飯の時間もとっても盛り上がっていました。
「いただきます!」のあと、食材を手に火の周りに集まったのは、ほとんどがお父さん!
焼きながら、それぞれが持ってきた食材の話しも弾んでいるようでした♪
 
帰る時間が近づいてくるころには、草はらに寝ころんだり、地面に座り込んだり、
まるでお家のようにくつろいでいるひとがたくさん…♪
春の暖かい陽射しのなか、大人も子どもも、それぞれが森での楽しみ方を見つけて、
過ごしている様子はとても素敵な光景でした。
 
元気に遊び回りたいひとも、ゆったりくつろぎたいひとも、
森の中ではみんな一緒にいい時間を過ごせるような気がします。
 
shiro
 
TOP