今治自然塾

カテゴリー

第29回森育 こまどり幼稚園

第29回 森育
こまどり幼稚園 年長さん

 

2013年6月25日(火) 曇

「 おたまじゃくし、みにいきたい! 」
「 まほうのはこ、どうなっとん? 」
「 とんぼつかまえたい! 」

来る度に楽しみが増えているようです。

今日はケムシの道(?)を歩き進め、
まずは、魔法の箱へ。

土づくりを始めて半年が経ちました。
箱の中をよくよく見てみると・・・
「 くも がおる! 」
  「 ばった! 」 
「 あり もおる! 」
すっかり虫たちの棲家となりました。

箱を開けてみると・・・
「 かたまりよる !」 
「 ケーキや !」

匂いを嗅いでみると・・・
「かぶとむしのつちのにおいや!」

少しずつ変身してきているようです。

シートをかぶせて、発酵させます。
次に開けるときが楽しみですね ♪


さて!森の中をずんずん進みます。

オタマジャクシが旅立った後の池には・・・
「 あっ!あかちゃんカエル !」

 カエル以外の生物たちも、
成長を続けています。

ヤゴはトンボになり、
抜け殻は、ブローチに変身です。

バッタはどんどん大きくなり、
子どもがたじろぐ場面も。


今日も子どもたちの楽しい遊びが
繰り広げられていました!

走り回って虫を追いかけたり、

長い草を使って、池で釣りをしたり、

大好きな家族へのお花を摘んだり、

何回も何回もししおどしを楽しんだり。

短すぎるシーソーも楽しそうでした!

そして 
「 まえのあがるやつやりたい!」
と、子どもが言ったその遊びは
“ 竹のぼり ”

今日も行列ができていました!
 

 

こまどり幼稚園年長さんは今日で4回目の体験でした。

帰り際に「 またくるねー! 」と、何人も言ってくれました。

“ また来ることができる ”と知っていることで、次への楽しみが持てたり、生物への執着がなくなったりもします。

子どもたちにとって、森育が、“ イベント ” ではなく “ 日常 ” になっていくことを願っています。

kei
TOP