今治自然塾

カテゴリー

第267回森育 こんどうさま

第267回森育
2015年12月19日(土)
こんどうさま と お友だちのみなさま

 

 

森に来たことがあるひとは、
「きたことあるけんみちわかるよ!」とずんずん進んでいきます!
 
森に到着すると、遊び場の紹介を聞いて、遊びの時間が始まります。
火起こし、崖のぼり、ノコギリ…自分がやってみたいことに挑戦します。
 
中には色水あそびに夢中になっているひとも。
お水を触ると、痛いくらいに冷たいですが楽しければそんなのもへっちゃら♪
「むらさきができた!」「わぁ…たいようにむけたらひかってきれー」
そのあとは、他の色がでそうな材料を求めて森の探検に。
同じ緑の葉っぱでも、
すり潰しかたや水の量によって色が変わることを発見したひともいました。
 
森で探した木の実や葉っぱで、
リースを作っているひとも♪
クリスマスシーズンにぴったりのリース。
「このみ(実)がもうっちょっといる…さがしてこよ!」
「それどこにあったん?」
一緒に作っている人同士で、時に情報交換をしながら素材を集めていました。
 
森の中は、公園のようにたくさんの遊具があるわけではありません。
なので、もしかすると最初は「あんまあそぶもんないやん!」と思ったひともいるかもしれません。
ただ、「いろみずをつくりたい」「リースをつくりたい」「そのためにはなにがいるだろう?」と、視点が変わってくると、
それまで見えなかった、いろんなものが見えてきます。
 
こうしてたくさんの気づきや発見が、“森のなかっておもしろい”という気持ちにつながれば、と思った今日の森育でした。
 
shiro
TOP