今治自然塾

カテゴリー

第253回森育 いずみ幼稚園

第253回森育
2015年11月16日(月)
いずみ幼稚園 年長さん
 
森に棲んでいる妖精、ニングルさん。
今日の森育は、ニングルさんたちのお手伝い、森のお掃除から始まりました。
昔、この森には家が建っていて人も住んでいたため、
そのころのゴミが出てくるところがあります。
「これはおうちのかべかな」「おっきなネジ!」いろんなものが出てきます。
地面を掘ると、何やら大きなタイルのようなものが出てきました。
「おふろのかべやったんやとおもう!」
みんなで力を合わせて掘り進めますが、大きくてなかなか出てきません。
「これはおっきすぎてにんぐるさんにはたいへんやね」と一生懸命掘り進めます。
遊びの時間が始まっても掘り続けて掘り続けて…
「でた!」
やっとの思いでとりだしました。
「ニングルさんよろこぶかな」「うれしくてでてきてくれるかも!」
 
今日の森では、帰るまでにニングルさんに会った、声を聞いたというひとがたくさんいました。
「あそこのき(木)にすわっとる!ぶらぶらしよる!」
「おそうじありがとうって」
 
年長さんのみんなにとって幼稚園で来る最後の森育。
みんなからの「ありがとう」。ニングルさんからの「ありがとう」。
たくさんの“ありがとう”が交わされた今日の森でした。
 
shiro
TOP