今治自然塾

カテゴリー

第248回森育 アロハスさま

第248回森育
2015年11月8日(日)
アロハス のみなさま
天気予報を見て雨を心配していましたが、
森育が始まるころには太陽が顔を出し始めていました♪
みんなの「はれますように!」の気持ちがきっとお空に届いたのでしょう。

森に到着するとさっそく遊びに駆け出します!
ハンモックに揺られて楽しむひともいれば、崖のぼりに挑戦する人も。

火起こしに挑戦して、火でいろんなものを燃やして遊んでいるひともいました。
いろんな形の葉っぱに、木の枝や木の皮。そして、落ちていた栗のとげとげ。
栗のイガはチカチカ光りながらとってもきれいに燃えていきます。
そんなおもしろい発見をしたらお母さんにも見せたくなるものです。「いまからいれるけんみよってよ!みよってよ!

…ほら!きれい!
こうしてお母さんと森での素敵な発見を共有していました。

小川の方にも数人集まっているよう。
覗いてみると…
いまね、かわのおそうじしよんよ!
ゴミをひろって、流れを塞き止めている大きな枝を動かします。
そして、溜まっていた落ち葉をめくると、カニを発見!
さわらしてー!」小さなカニさんはあっという間に大人気になっていました♪

以前は、色水のところでずっとお水遊びに夢中になっていたひとも
成長するにつれて徐々に他の遊びにも興味がでてきたようです。
そんな中に、今日はじめて木登りに成功した!というひともいました。
ぼくきのぼりできんとおもう
どうやら前回来たときは難しいと感じたよう…。
最初は自信なさげに木と向かい合っていましたが、
それでもやってみたい!と木に足をかけました。
つぎどこにあしおくん!?」と四苦八苦しながらもあきらめずに
掴めるところ、足をかけられるところを探し、木の枝に座ることができました!
いつもより高い視点に始めはドキドキしていたようですが、すぐに達成感溢れる笑顔に!
そして、木登り初成功の第一声は…
おかあさーん!!!!
やっぱり、この喜びは大好きなお母さんと共有したいんです。

そして今日の森育では、自分よりも年下のひとの手を引いて、一緒に遊んでいるひとの姿も見られました。
こうして子どもたちから子どもたちへ、森の楽しいところや素敵なところが伝わっていくことは、
私たちにとってもとても嬉しいことです。

shiro


木登りしているのはだれだ??
TOP