今治自然塾

カテゴリー

第244回森育 わたなべさま

第244回森育
2015年11月3日(火)
わたなべさま と お友だちのみなさま


今日の天気は晴れ!
ここ数日は肌寒い日が続いていましたが、今日は過ごしやすい気温です。

集まってみると「ようちえんのときもりいくきよった!」「このまえようちえんできた!」と、
幼稚園で来たことがあるひとが結構いる様子。
初めてのお母さんたちを元気に先導して森へ入っていきました。

森に到着すると、自由に遊ぶ時間、ゴールデンタイムが始まります。
崖登りに挑戦したひとのなかには、崖の上でいろんな発見をしたひともいたようです。
みどりのどんぐりみつけた!
あかとくろがまじっとるはっぱ!
こっちはみどりときみどりときいろがまじっとる!」「ふしぎ~。きれ~。



なんかへんなのあった!
どれー?なにこれ?ほしみたい
ここさわったらけむりだすよ…
みんなで覗き込んで、ツン、とつつくとポフッと煙が上がります。
なんかたこみたい!
たしかに墨をはくタコのように見えます。
その正体は………。ツチグリというキノコでした!

色水あそびのところでは、葉っぱや木の実を使ってみどりや青の色水ができ始めていました。
きて!おちゃやさんしよんよ」と誘われて行ってみると、
どーぞ」と出してくれたのは、森の葉っぱで作った緑の「おちゃ」と紅葉の葉っぱの「おまんじゅう」。
なんとも季節を感じられる素敵でかわいいお茶屋さんでした。

そんな中、ハンモックでくつろいでいるひとも。
“耳をすますといろんな音が聴こえるよ”と声をかけると
うーん…。…ほんとや!むしのこえがする!あっちのほうから!」と指をさします。
あれ?なんかへんなこえがしはじめた!」と声のする方向に目を凝らしてみると…
高い木の枝にとまっている小鳥の姿が…!
おもしろいなきごえ!」「ギチギチギチギチ…みたいな?
そうしてさらに高いお空に目をやるとトンビがゆっくり大きく旋回しています。
カラスみたいにはねをバタバタさせよらんね。きもちよさそう…」と
ハンモックに揺られながらトンビの世界を想像していました。
ハンモックでゆったりとくつろいでいると、森の中のいろんな音がよく聴こえます。
そして、寝っころがるので、お空もとってもよく見えるんです。

帰る前、「何回来ても楽しいですね。」と声をかけてくださったお母さんがいました。
私自身、森の中で過ごす時間は何回行っても充実していると感じます。
森の中で過ごす。森の中が好きになる。森のことをもっと知りたくなる。
そしていろんな発見、気づきの中でやがて、ヒトはヒトだけでは決して生きていけないこと。
他の生き物や植物があるからこそ、私たちが生きていられるんだということを感じられる。
この森がそんな場所になれば、と色づき始めた木の葉を揺らす風を感じながら思った、今日の森育でした。

shiro






TOP