今治自然塾

カテゴリー

第239回森育 かとうさま

第239回森育
2015年10月24日(土)
かとうさま と お友だちのみなさま
今日は少し動くと汗ばむくらいのいいお天気!
森へ向かいながら小さな秋を見つけるひとがたくさんいました。
みて!あそこのはっぱあかいろになっとる
あきははっぱのいろがかわるんよ
きいろのはっぱみつけたらいいことあるんやって!
足元を見ながら歩くといろんな色の落ち葉が…。
あったー!きいろいはっぱ!
今日はいいことが起こりそうな予感です♪

森に到着すると、いろんな遊びが待っています。
崖のぼりは、掴むところを探しながら足を置けるところを確認しながら、
しっかり自分の感覚で感じて考えながらでないとひとりで登りきることはできません。
「うちの子こんなんできるんやろか…」と心配そうにつぶやくお父さんお母さんも、
登り始めたお子さんを見ると「意外とできるねぇ」「やるやん!」と笑顔で見守っていました。

崖を登りきって山を下りると、色水あそびのところから「ピンクいろができたよ!」という声が!
むらさきのみ(実)とね、きいろのはっぱをまぜてつくったらこんないろになった!

生き物と出会ったひともいました。
バッタにカマキリにクモ、そして大きなイモムシ!
このイモムシ、なんと大きさが大人の掌ほどもあります。
最初は「こわい…」と言っていたひともいましたが、
他のひとが触っているのを見ていると興味がでてきたようです。
指の先で少し触ってみると「ちょっとかたい…」と思っていた感触とは違ったみたい…
次第になれてくると…
てにのせて!
そっとのせると手のひらや腕をお散歩し始めました。
するとまわりにも興味をもったひとたちが集まってきます。
わたしもさわりたい!」「かわいい!」「きれーないろやね!」と
イモムシさんが大人気になっていました♪

お昼ご飯は自分たちで起こした火でいろんなものを焼いて楽しみました。
ウインナーに玉ねぎにトウモロコシ…
美味しそうなものが網の上に並びます。

お昼ご飯のあと、泥あそびをしているひともいました。
泥んこの場所を見つけると
みんなでここはいってみよや!」と大興奮。
きょうはながぐつやけんはいってもだいじょうぶやね!」とジャンプで飛び込みます!
ぐちゅぐちゅや!」「あし(足)がかくれた」「おだんごつくろー」「ぬるぬるきもちいい
泥んこになった体をお父さんやお母さんに「みてー!」と見せびらかしているひとも!
楽しそうにはしゃぐ姿にお父さんやお母さんも思わず笑っていました。

帰る時間が来ても「どろあそびもっとしよや」「きのぼりもやりたい!」と遊び足りないひともいたようです。
その次はあれやりたいな!もっと森で遊びたい!という気持ちを胸に、ぜひまた森に遊びに来てほしいと思います。
森の木々や草花、生き物たちとともにお待ちしております。

shiro(しろちゃん)



 
—————————————————————
森育のご予約について
TOP