今治自然塾

カテゴリー

第163回森育 てくてくのみなさま

第163回森育
2015年3月28日(土)
てくてくのみなさま
 
今日はとっても過ごしやすいお天気。
そんな中始まった今日の森育。
 
森に入ると池の中のオタマジャクシがお出迎え。
 
さらに奥に進むと
崖登りや木登り、色水に泥あそびなど
遊びがどんどん広がります。
 
崖登りから降りる道に
地面から出ている
木の根っこに気づいた人がいました。
「ぬけそう!」
みんなで駆け寄り引っ張ってみます。
「あれ?ぬけん!」
細くてもやっぱり木の根っこ。
地面にしっかり根付いていることを知りました。
 
色水遊びのところでは
花や葉っぱを使っていろんな色ができていました。
紫、緑、黄色、黄緑…
そして緑の葉っぱと紫の花を
一緒にすり潰してみると…
「くろになった…」
どうやら新たな発見があったようです。
 
お昼前には
お父さんやお母さんたちが
薪割りや火起こしに精を出します。
 
火の準備が整ったら
「いただきます!」
 
網の上にはウインナーやおにぎり、
しいたけやホイル焼きチキンナゲットなどなど
美味しそうな食材が並びます。
デザートには焼き芋やマシュマロ!
みんなが甘いデザートを楽しんでいる中、
両頬にマシュマロをくっつけた
キュートなお顔を見つけちゃいました!
 
ご飯の後も根気よく火起こしに
挑戦している人がいました。
「きょうはぜったいせいこうさせるよ!」
気合十分!
前回の森育のリベンジだそうです。
 
森育で使うのはマイギリ式火起こし器。
横木を何度も上下させなければいけません。
いち、に、さん…と数えながら腕を動かします。
何度目の挑戦の時だったでしょうか。
 
「…96…97…98…99…100!!!!」
 
できた火種を包んでふぅーっと息を吹きかけます。
そしてついにボッと火が燃え上がりました!
 
一緒に火起こししていた私も嬉しくなって
思わずハイタッチ!!
 
何度も連続で上下させることですら
結構難しいのですが、
あきらめずに続けたことで
素晴らしい達成感を感じることができたようです。
 
大人でも成功率の低い火起こし。
今日はインストラクターと力を合わせて
なんと3人のお子さんが火起こしに成功しました!
 
崖登りのところでも木登りのところでも
のこぎりのところでも色水のところでも…
 
いろいろなところから聞こえてきた子どもたちの
「できた!」の声。
 
森の中でお母さんやお父さんたちと一緒に
子どもたちの
達成感に満ちた気持ちに寄り添えたことが
何より嬉しいと感じた今日の森育でした。
 
shiro
TOP