今治自然塾

カテゴリー

第141回森育 ひろせさま

第141回森育
ひろせさま
2014年12月23日(火)

12月の寒い時期ですが
過ごしやすい天気に恵まれた
今日の森育。

森に着いて少しお話を聞いたら
いよいよゴールデンタイムの始まりです。

幼稚園で森育に来たことがある
年長さんのお兄ちゃんお姉ちゃんたちが
小さい子を導く姿が見られます。

のこぎりを使ってみたり、
色水で葉っぱのお茶を作ったり。
木登りや崖登りにも挑戦します。

小川に橋をかけた人たちもいました!

そんな中、
お母さん方はお昼ご飯ために火起こしに挑戦!
コツがつかめるまで結構難しい作業…。

どうやら火より先にお母さんの闘志に
火がついてしまったようです!

粘り強く挑戦し続けたお母さんの中には
着火に成功した方がいらっしゃいました!


一方その頃、崖の上では
『ニングルさんち(家)』造りが進んでいました。

幼稚園で森育に来たときにお話しした、
ニングルの話を憶えてくれていたようです。

ニングルとは
 森に住んでいる小さな人。

はっぱは、にんぐるさんがかくれるためなんよ
ちかみちもあったほうがいいかも!

想像がどんどん広がって
創り出されていくニングルの世界。

やがて、広い庭にトンネルや滑り台、
ごはんのドングリや友だちの家もある
『にんぐるさんち』が姿を現しました!

傍にいた私たちもいつの間にか
その世界に惹き込まれていました。

想像を膨らませられることって
素敵だな…
なにかを創り出せる力だな。

と改めて感じさせられた
今年最後の森育でした。

shiro
TOP