今治自然塾

カテゴリー

第140回森育 ゆりかご幼稚園(年少さん)

第140回森育
ゆりかご幼稚園 年少さん
2014年12月22日(月)

「きのぼりしたい!」「みずあそびしたい!」
やりたいことがいっぱいのみんなと
気合いを入れて森へ出かけます。

森に入ると、煙が出ています。
しんさんが先に火を焚いていてくれました。

「めーいたい!」
早速、煙の洗礼を浴びています。

自由に遊ぶゴールデンタイム。
それぞれの楽しい遊びが始まります。

竹の楽器を叩いて演奏してみたり、
ノコギリで木を切ってみたり。
 川遊びや泥遊びも楽しみます!

ぬかるんだ場所が泥遊び場になります。
ひやっとする冷たい水と土ですが、
みんなでお団子を作って遊びました。

そのお団子、段々に重ねて…川へポイっ!
それはそれで楽しい遊びです。

身体が冷えてきたら、火のあるところへ。
火に手をかざして、暖まります。

ついでに、おやつのもマシュマロも焼いちゃいます!

森の中で見つけてきた棒を使い、
自分で焼いていきます。

茶色い焦げ目がついたら美味しい印。
何度も確認しながら焼いていました。


崖登り場も常に誰かが遊んでいました。
それぞれのペースで登っていきます。

そして頂上まで無事に登り…
「ひとりでできたー!」「わたしも!」「おれも!」
みんなが嬉しそうに教えてくれました。

このところの森育、年少さん続きでしたが、
“1人でできた”ということを
お話してくれる人が結構いました。

そういうことに喜びを感じる年頃なのでしょうか?

私は保育も子育ても専門外です。
年頃特有のものなのか…よくわかりません。

私にできることは、一緒に喜ぶことくらいです。

だからこそ、一緒に喜んだり、笑ったり、
驚いたり、ときには悲しくなったり。

そんな心の変化一つ一つを見逃さず、
大切に共有したいと…そんなことを思う日々です。
kei
TOP