今治自然塾

カテゴリー

家族と森育!しました♪

2014年3月23日(日)
イベント 家族と森育!
 
森育初体験の人もいれば、
「ようちえんできたー!」という人も。
今治の人もいれば、松山の人も!
生物好きの人もいれば、苦手な人も!?
 
いろんなみなさんが集まっての森育。
もうすぐ春!の森へ出発です ♪
 
 
黄色い菜の花を摘みながら歩きます。
 
到着した池には、小さなオタマジャクシ!
子どもの小さな手の中で命が泳ぎます。
 
そんな子どもたちを横に、池の周りでは
お母さんがツクシを摘んでいます。
夕飯のおかず集めですね ♪
 
たくさんの春を見つけつつ、遊び場へ進みます。
 
 
早速、森での遊びが始まります。
 
虫探し、木登り、崖登り、クラフト、ノコギリ・・・
子どもも大人も、遊びます。

ノコギリを使うお父さんを見たり、
一緒に使ってみたり。
 
率先して木を登るお父さんも!
こういうお父さん、素敵です!
 
 
今日は「焼いて食べたいもの」を
持ってきてもらいました。
 
焼くための火は、お父さんの力をかりました!
火おこしキットで火おこしに挑戦!
 
しかし、煙は出でも、火まではつながらず。。。
 やはり、難しいものですね。
 
ということで今日は文明の利器に頼り、着火。 

 

火がついたら、焼き物がスタートです♪
 
焼いて食べたいもの持参ですが、
 もの も 数 も指定しませんでした。
 
すると・・・どの家族も3~4種類も持参!
それもバラエティーに富んでいて、
 
オニギリ、お芋、マシュマロ、ウィンナー、パン、
フランクフルト、リンゴ、シイタケ、エリンギ、アサリ・・・
 
そしてチュッパチャップス!
 
「やいたらどうなるか、やってみたい」とのこと。
 
発案者の彼は、帽子で顔を隠しながら、
頑張って焼いていました!
 
そしてポカポカ陽気の森でランチタイム。
焼きたてのおかずやオニギリを楽しみました♪
 
ランチ後も少し森を探検し、
「家族と森育」を終えました。
 
 
今日の「家族と森育」は、
「幼稚園での森育、家族とできませんか?」
というお母さんの提案からの実施です。
 
お父さんやお母さんの顔が
見えない状態で普段の森育をしているので、
私としても良い機会となりました。
 
 
 
崖を登っている我が子を見て、
「こんなことできるんだ。」
と漏らしていたお父さんがいました。
 
子どもたちの新たな一面の発見とともに、
これからの遊びが拡がることを願いながら、
みなさんを見送りました。
 
また、森で遊びましょう♪
kei
TOP