今治自然塾

カテゴリー

子どもの手とオタマジャクシ

 
5月上旬のこと。

Nちゃんの手の中で跳ねるオタマジャクシに水をかけながら
「人間の手は熱いからね。ユデタマジャクシになっちゃうんです。」
という話をしました。

オタマジャクシを池からすくい、水たまりに移して遊んでいたNちゃん。
水たまりの水温がやや高いことに気付きました。
 
「 水がぬるい!オタマが死ぬ! 」
 
ポケットティッシュに水を含ませては絞り・・・何度も冷たい水を運んでいます。 
 
 
しばらくして帰る時間が近づき、オタマジャクシを池に帰そうとしたその時。
手のひらにオタマジャクシをのせたNちゃんが、また、気付きました。
 
「 オタマがあったかい。 なんで?  なんで!!? 」

オタマジャクシが茹ったのではないかと、心配のご様子です。

 

でもそれは、茹ったのではなく、何度も水を運ぶうちに、Nちゃんの手の温度がぐんと下がったからだと、私は思うのです。  

 

 小さな生き物も思いやる、彼女のような人が一人でも多く育ってほしいと願っています。
 
kei
 
TOP