いきもの博物館

カテゴリー

セスジスズメの蛹の家の中身とは?

セスジスズメが羽化したので、繭を観察してみました。
繭の中からは、蛹の殻が残っていました。

 

 

 
たくさんの糸で、身を守るように作られていました。
この繭は、カゴの端に作られていて、
カゴと葉が糸でくっつけられていて、
ちょっとやそっとじゃ剥がれないほど頑丈でした。
 
蛹の殻と、カゴにいるセスジスズメの大きさを比べたんですが、
こんなにも縮んで、こんなにも丸々と体格が大きくなるんですね。
ゾウさんみたいな吸盤の足も、成虫になると細長くなっています。
全てが驚くことばかりです。
 
カゴの中には、あと2匹の幼虫がいます。
これからも、成虫になるまで、一生懸命育てていきます^^
 
yaco
TOP