イベント情報

カテゴリー

第2回環境学習教室(エコスクール)報告!

本日、第2回目のエコスクール「体験しよう!マイナス196度の不思議な世界」を実施しました!
今回もたくさんのファミリーが集まってくださいました。 
 
不思議なの世界と、マイナス196度の世界が目の前に現れました!
 
今回の先生は、四国ガス(株)の技術研究員さんです!

 
ガスバーナーを使って、の仕組みや燃え方の違いなどを教わりました。
燃える時の炎の色にもいろんな違いがあるんだね!
 
今度は炎色反応の実験。
 どんな色になるのかな?みんな興味深々です。
 
次に、液体になった窒素をつかって、すごく冷たいマイナス196度の世界を体験しました。
液体窒素の中からバラの花を取り出します。窒素の霧がひんやりしてきもちいい!
 
バラの花がバラバラになった!(とシャレを言って会場が爆笑) 

 
 この他、液体窒素から取り出したバナナで釘を打ってみたり、

 
液体窒素にいれたゴムボールを高いところから落とすとどうなるか実験をしたり、

 
風船を液体窒素に入れるとどうなるか観察をしたりしました。破裂するかもしれないと思うとドキドキです・・・!

意外な結果にみんな驚きの連続でした!


実験のあとは、ガスがどうやって私たちのもとに届けられているのか図を使って学びました。

また、ガス石炭などは限られたエネルギーであり、大事につかわなければいけないこと、そして便利な生活の裏で起こっている地球の温暖化のことを学びました。


面白い実験にみんなが夢中 ♪ あっという間の一時間でした!



参加者の声

「花がこおって、ばりんてなったのがおもしろかったです」(小1・男子)

「液体ちっそで、ほかのものをこおらせたら、おもしろいと思う」(小2・女子)

「「勉強しながら楽しむ」ということがおもしろい!と思いました」(小4・男子)

「家や学校ではできないような体験ができて楽しかったし、勉強になりました。」(小6・女子)

「わかりやすい説明で、目の前で実験をしてくれて、子供がとても興味を持っていた。また参加したい」(保護者)

「普段感じることができない不思議な世界に触れて、より環境について考えるきっかけとなった」(保護者)


 
 
さて、次回の第3回目エコスクールは・・・
 
 
24年11月4日(日) 10:00~11:30
ごみ減量にチャレンジ! あーるんと学ぶ3R  
 
私たちの身近なごみについての学習です。
 
 
詳しくは、10月15日号「広報今治」と、こちら「こうえんにっき」にてお知らせします!
 
お楽しみに ♪ ♪ ♪
TOP